円形脱毛症になった私の経験を語ってみるよ

未分類

あなたは円形脱毛症を知っているでしょうか。

円形脱毛症はストレスででき、10円玉の形にハゲてしまうことを言います。

私はそのようなハゲを経験し、なぜできてしまったか思い出すとあることに気がついたのです。

それは長男のことでちょうど小学生から中学生にかけて反抗期だったころになります。

誰でも通る道かもしれない一方、そのころの私は入院していたのでした。

成長期で母に話したいのにそれができないのはとても辛いことで長男は学校を休みがちになってしまいました。

退院前は夫に任せていたものの、彼も仕事があるのです。それにまだ次男が小さくて長男のほうまで目が届かなかったのかもしれません。

夫が私に電話をかけ、長男の話をするといつも早く帰ってきてくれとせがまれたのでした。

ただ私は許可が出ないと家に帰ることが無理という現実がありました。

でも長男が気掛かりで夫も文句連発でそれに輪をかけて私の体のこともあり、どうしていいかわからないでいたのです。

とある日、入浴していたら頭にツルツルして丸いものに気がついてこれは何だと驚きました。

それは円形脱毛症で私がなるってびっくりでした。

円形脱毛症と聞くと男性のイメージがあったものの、女性も出るのだと感じました。

それもそのはずで女性だってイライラしてしまったり、ストレスがたまって自分がいっぱい・いっぱいになってしまったりすることが多いでしょう。

その感情が抑えきれない時、頭に丸くハゲができてしまうのかもしれません。

私はできてしまったハゲのことが気になり、すごく心配で調べたら治ることがわかったのです。

「治る」と言うと「すぐ治るのかなぁ」と思ってしまいますよね。

その中で一旦ハゲしまったところはなかなか生えてくるまで時間がかるでしょう。

範囲によって治る期間が違って短くて半年から1年、長くて2から数年かかると言われています。

私は範囲が狭くて半年ぐらいで治ってもちろん病院にも通ったのでした。

少し目立っていたので、帽子をかぶるまたはかつらやエクステなどでカバーをする方法もあります。

かつらと言ってもいろんなものがあるのをあなたは知っているでしょうか。

CMなどでおなじみのアデランスで自分の頭に合わせて作ってもらえる一方、料金はちょっとお高めになってしまうかもしれません。

私はそこまでしなくてもいいかなぁと感じてネットで調べたのです。

そしたらいろんなかつらがあって若者から私たちの年齢くらい、その上の世代
の方も幅広く使えますね。

値段も安くて手ごろに買え、ファションとして何個も持っていてもいいはずです。

私はネットで購入してハゲの部分をカバーし、見事に成功しました。

誰もがかつらの下にハゲと知らず、地毛と言われても納得するでしょう。

ただかつらをつけると1つだけデメリットがあり、[蒸れ]はどうしても1日かぶっているとそういう恐れが出てくるかもしれません。

そんな時はお風呂でよく頭を洗い、直後にマッサージすればサッパリするのです。

かつらも毎日の手入れが必要で水分がついているところをふき取り、説明書をよく読んでおけば明日からまたいい気分で使えます。

最後に大事なことが1つあってそれはストレスになり、ためてしまっては円形脱毛症になりやすくなるでしょう。

そのために自分自身をコントロールし、ストレスを発散するように心がけていればいいと思います。

円形脱毛症は身近に起きるものであることに気づいたのでした。

あなたもハゲに気づいたらまず病院に行き、医師と相談しながら治していくといいかもしれません。